ブログ紹介
ご訪問ありがとうございます! このフィンランド教育留学ブログは2008年8月末〜2009年5月末のフィンランド留学の様子を記録したものです。その後、北海道大学を卒業して、東京のベンチャー企業にて3年間勤務。現在はカンボジア・プノンペンにて人材紹介企業を経営しております。 なにか質問・依頼・感想などがありましたら、keisuke.kon●gmail.comまでご連絡ください!(仕事を優先させているため、返信がかなり遅れることをご了承ください。)
初めての方へ -自己紹介-(1)
日記(196)
フィンランド留学-準備編-(6)
コンケイスケの考え(7)
フィンランド教育について(11)
コラム(55)
ショッピング(5)
ヨーロッパ5カ国旅行記(19)

2008年08月22日

旅が頭を良くする?

留学するにあたってよく一般的に言われている「留学すると成長する」という話が本当にそうなのかを実際に自分で体験してみたい、という気持ちも少なからずあります。

それを考えた時に、
ふと前に読んだ本を思い出し、読み返しました。



この本は脳について書いてある本なのですが、
この中に「旅が頭を良くする」という話があります。


一部そのまま引用すると
「海馬にとっていちばんの刺激になるのが、まさに
 ”空間の情報”なのです。」

ということだそうです。

さらに、視・聴・味・嗅・触という五感を使えば、
海馬にとって、そりゃーもう素晴らしい刺激になるらしいです。


このことから考えると、
「未知の土地に行く」ということだけで、
留学の価値があるかもしれません。

それ以外にも、違う国の人とじっくり話して考え方を知ることができるという留学は、非常に<脳を成長させる>ものには向いていると言えそうです。

脳を鍛えるゲームをするよりも
留学したほうが脳を鍛えるかも。

これが科学的に証明されたら、
なんかおもしろそう。

お母さんが小学生くらいの子どもに
「あんたゲームなんかしてないで、留学しなさい!」
とか言うようになったりして(笑)

・・・そんな妄想は置いといて、
とにもかくにも、留学から帰ってきたときに
「留学って、サイコーだよ!絶対行った方がいい!」
って言えるような留学にしたいものだ。





posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 01:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。