ブログ紹介
ご訪問ありがとうございます! このフィンランド教育留学ブログは2008年8月末〜2009年5月末のフィンランド留学の様子を記録したものです。その後、北海道大学を卒業して、東京のベンチャー企業にて3年間勤務。現在はカンボジア・プノンペンにて人材紹介企業を経営しております。 なにか質問・依頼・感想などがありましたら、keisuke.kon●gmail.comまでご連絡ください!(仕事を優先させているため、返信がかなり遅れることをご了承ください。)
初めての方へ -自己紹介-(1)
日記(196)
フィンランド留学-準備編-(6)
コンケイスケの考え(7)
フィンランド教育について(11)
コラム(55)
ショッピング(5)
ヨーロッパ5カ国旅行記(19)

2008年08月23日

留学の第一ステージを発見した夜

留学のことをつい考えてしまう最近の僕。
留学について考えてながら散歩をしていたとき、ふと気づいた。


・・・留学っていっても、言ってしまえば
「違う場所で暮らして学ぶこと」でしかない。


けど、留学に踏み切ることの精神的なプレッシャーは大きいし、
出発の1週間前近くのいまになって決意がゆらぎそうになったりする。

これはなぜなのか考えてみると、
「いまの人間関係から引き離される」からだと思う。

違う場所に行って暮らすことが
新しい人間関係を作るキッカケになると同時に、
いまの場所を長い間離れることが、
いまの人間関係を離すキッカケになってしまう。

帰ってきたらまたその人間関係に戻れるとは言っても
やっぱ持ちつ持たれつで依存しあっている関係を崩すのは
すごくこわい。

逆に良い面としては、いまの人間関係を客観的にみる機会になるし
このタイミングで相手に対しての本音を伝え合えるのもいいことだと思う。

そして、自分で自分を支える「自立」に近づくのかもしれない。


うーん、
たぶんこれが留学で成長する第一ステージなんだろう。






posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。