ブログ紹介
ご訪問ありがとうございます! このフィンランド教育留学ブログは2008年8月末〜2009年5月末のフィンランド留学の様子を記録したものです。その後、北海道大学を卒業して、東京のベンチャー企業にて3年間勤務。現在はカンボジア・プノンペンにて人材紹介企業を経営しております。 なにか質問・依頼・感想などがありましたら、keisuke.kon●gmail.comまでご連絡ください!(仕事を優先させているため、返信がかなり遅れることをご了承ください。)
初めての方へ -自己紹介-(1)
日記(196)
フィンランド留学-準備編-(6)
コンケイスケの考え(7)
フィンランド教育について(11)
コラム(55)
ショッピング(5)
ヨーロッパ5カ国旅行記(19)

2008年09月04日

フィンランド留学生活2日目と3日目

9月2日続き、
 晩ご飯(と言ってもパンだったけど)を食べながら、俺がチューターさんに「フィンランド人って、なんで英語できるの?」って聞いたら「だって9年も勉強してるから」って言われた。いやー、日本人も中高で6年やってて、大学いってる人は8年くらい英語勉強してるんだけどなー。そこで俺が「日本人も英語6年やってるけど、大人数は英語まったくできないよ」って言ったら「ふーん」って言われた。まあ、そりゃ理解できないよなー。実際6年とか8年も勉強してできない、っておかしいよね。さらに「フィンランドは小さい国だから、他の国の言葉を覚えなきゃやっていけないのよ」って言ってた。人口は北海道と同じくらいなのにね。北海道が国として独立したら、このような意識が生まれるのかなー。たぶんいま北海道は東京とかに頼ってるんだろうな。きっとフィンランド人は生き残るための危機感が英語を使えるようにさせてるんだろうな。などと考えさせられる。

 夜は英語を必死で勉強する。使える英語のフレーズがどんどん覚えられる。すごい。(あっ、これ、さっき言えばよかった。)とか(これは、こんな時使えるな)とか超リアルに実感できる。やっぱ英語ができないと、すごく悔しい。だって受け入れてくれてるフィンランド人からしたら、<留学生なのに英語があいまい>なんだよ?ダサい。ダサすぎる。そして話せないとつまんない。うん、必死だから覚える。このエネルギーを「必死エネルギー」と呼ぼう。必死な方が効率いい。まあ、その分失敗も多いし精神的にはキツイんだけど。

なにかを一気にマスターしたい人へメッセージ。「とにかく始めちゃえ!必死でやれば一番早くマスターできちゃうぜい!」

「なにか楽器ひける?」「趣味はなに?」とか聞かれるが、楽器は弾けないし、趣味は読書。こんなつまらん人ですんまそん。なんかわかりやすい趣味とかあればよかったなー。なにか一芸を身につけたい今日この頃。アニメもマンガも小説も映画も全然見ないから、盛り上がれる話題がない。わかりやすい趣味もあったら、もっと楽しめそうだった。


9月2日の学び
・日本の英語教育はうまくいっていない
・必死エネルギーはかなり使える。
・英語で便利な使える表現はある。That’s ---. Is that ---? I’d like to ---. Why do you---? Do you ---? May I ---?




posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 06:39| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに必死エネルギーをヒッシヒッシ感じるブログでやんすね。中学英語で十分使えることを示し中学生にやる気を持たせようという魂胆すね。あっしも中学英語から出直しです。日本人はダメねと思われたくないっすもん。一芸は特徴をつかんだ一瞬ものまねをこれから増やして笑わしてやったら如何でやんすか。へヴァー
Posted by kitaa at 2008年09月04日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。