ブログ紹介
ご訪問ありがとうございます! このフィンランド教育留学ブログは2008年8月末〜2009年5月末のフィンランド留学の様子を記録したものです。その後、北海道大学を卒業して、東京のベンチャー企業にて3年間勤務。現在はカンボジア・プノンペンにて人材紹介企業を経営しております。 なにか質問・依頼・感想などがありましたら、keisuke.kon●gmail.comまでご連絡ください!(仕事を優先させているため、返信がかなり遅れることをご了承ください。)
初めての方へ -自己紹介-(1)
日記(196)
フィンランド留学-準備編-(6)
コンケイスケの考え(7)
フィンランド教育について(11)
コラム(55)
ショッピング(5)
ヨーロッパ5カ国旅行記(19)

2008年10月09日

日本の教育を考える質問集

*日本の教育を考える質問集

えー、これから紹介するのは、
本質的な意味での「教育」を考えるための質問集です。
もちろん僕が必要だと思って作った質問集なので、
全員にとって必要な質問ではないかもしれません。

けど、僕は日本の教育を考えたり行動する上では、
これらの質問に答えられないといけないと思っています。

僕自身もまだ答えが出ていません。
むしろこの答えを見つける「ヒント」を探しに
フィンランドに来たようなものです。

だれか一緒に本質的な「日本の教育のこれから」を考えましょう。


===日本の教育を考える質問集=====

・なんのために教育はあるのか?
・なぜ教育しなくてはいけないのか?
・教育の目的は何か?
・その目的を達成するためには、どんなことが必要か?
・現実レベルで具体的にどのようなことをすればよいか?
・日本の現状を踏まえて、それをどうすれば実現できるか?


・なぜ小学校は必要なのか?目的は何?
・なぜ中学校は必要なのか?目的は何?
・なぜ 大学 は必要なのか?目的は何?
・なぜ大学院は必要なのか?目的は何?
・なぜ専門学校は必要なのか?目的は何?
・もしそれぞれの学校がなかったら、どうなるのか?どう困るのか?


・もし、まったく日本の教育の現状がなくなって、
 ゼロから教育システムや学校を作れるとしたら、
 どんな教育システムにして、どんな学校を作るか?

・一つ前の質問で描いた理想の教育システムと学校を実現するには、
 いまの日本の現状を踏まえると、どのように実現すればよいか?


Copyright (C)Keisuke Kon All Rights Reserved
======================



僕はこれらの自分なりの答えを見つけたいです。
もし一つでも答えを考えてくださった人がいましたら、
コメントかメールで教えてくださるとありがたいです。
考えるうえでの参考にさせていただきます。

教育学部の大学生や教師になりたい方、日本の教育のこれからに関わる方は、これらの質問に答えられないと考えがすぐにブレてくると思います。

逆に僕は、これらの質問に対しての自分なりの自信を持てる明確な答えが持てないうちは、教育には関われないなと思っています。

これらの質問集が誰かの教育や日本を考えるキッカケになればうれしいです。





posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 06:58| Comment(0) | コンケイスケの考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。