ブログ紹介
ご訪問ありがとうございます! このフィンランド教育留学ブログは2008年8月末〜2009年5月末のフィンランド留学の様子を記録したものです。その後、北海道大学を卒業して、東京のベンチャー企業にて3年間勤務。現在はカンボジア・プノンペンにて人材紹介企業を経営しております。 なにか質問・依頼・感想などがありましたら、keisuke.kon●gmail.comまでご連絡ください!(仕事を優先させているため、返信がかなり遅れることをご了承ください。)
初めての方へ -自己紹介-(1)
日記(196)
フィンランド留学-準備編-(6)
コンケイスケの考え(7)
フィンランド教育について(11)
コラム(55)
ショッピング(5)
ヨーロッパ5カ国旅行記(19)

2009年01月30日

ゲスト講師はOECD職員。

1月28日。

今日は朝早くから(夜遅くから、とも言える)宿題だったレポートを読んで、10時から12時までの講義へ。

1月28日29日30日とゲストスピーカーが来てくれて、講義をしてくれることになっていた。
紹介を聞いてみると、その人は興味深い経歴の持ち主。【フィンランドで教師→世界各国で働く→現在OECDでユネスコとフィンランド政府を繋ぐ仕事】

一気に目が覚めた。絶対この人おもしろい。だってOECDと言ったら、あの日本で話題になった「世界学力調査PISA」を実施している機関だ。

■講義内容
教育は権利だ。世界中の誰もが教育を受ける権利がある。

学校といっても色々ある。青空学校、障害児向け、兄弟の面倒を見ながら授業を受けたりするところもある。

世界には教育を受けられない子どもがたくさんいます。「あなたがその国の首相だったら、どうしますか?あなたが教育大臣ならどうしますか?あなたが財務大臣ならなんといいますか?」・・・考えさせられる。

明日までにユニセフ関係の10ページ程度のリーディングを課された。
がんばろう。
***

部屋に帰ってからは、卒論テーマについて考える。
そしてレポートを読む。
読もうとして、休んで、なんかお菓子食べて、読もうとして、集中が切れて、、、、みたいな感じ。単語が難しすぎて読むのが大変だー。がんばろうー。


そんなとき、

ルームメイトのサムから、焼いた鮭とご飯の食べ残しをプレゼントされる。たぶん2日前にじゃがいもをあげたから、お返しにくれたのだろう。けど、これはサムが夕飯に食べたけど食べきれなくて、(サランラップをかけずに)冷蔵庫に入れておいたもの。ちょっと、食べる気がしないぞ?(笑)

サム「晩ご飯、食べた?」
おれ「いや、食べてない。なんで?」
サム「これ、プレゼント。あげるよ!」
おれ「あ、うん。サンキュー・・・。」

食のMyストライクゾーンとしては、全然アウトだけど、断れなくて頂くことにする。牛乳で煮こんで、ミルク鮭おかゆになった。まあまあおいしいかな。


よっしゃー、レポート読むぞー

応援したい方はクリックで↓
banner_03.gif

posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 02:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。