ブログ紹介
ご訪問ありがとうございます! このフィンランド教育留学ブログは2008年8月末〜2009年5月末のフィンランド留学の様子を記録したものです。その後、北海道大学を卒業して、東京のベンチャー企業にて3年間勤務。現在はカンボジア・プノンペンにて人材紹介企業を経営しております。 なにか質問・依頼・感想などがありましたら、keisuke.kon●gmail.comまでご連絡ください!(仕事を優先させているため、返信がかなり遅れることをご了承ください。)
初めての方へ -自己紹介-(1)
日記(196)
フィンランド留学-準備編-(6)
コンケイスケの考え(7)
フィンランド教育について(11)
コラム(55)
ショッピング(5)
ヨーロッパ5カ国旅行記(19)

2009年02月01日

ミレニアム開発目標と寿司パーティー

1月30日

今日は3日連続講義の最終日。
朝4時起床で、国の発展などについてのレポートなどをちょこちょこ読む。

ミレニアム開発目標。
日本にいる時は、全然印象に残らなかったけど、
ICONSやこの講義では、よく出てくる言葉だ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ミレニアム開発目標

2015年までに識字率を半分する、とか、教育の男女格差をなくすとか、すごくいいことだとは思うんだけど、いまいち実感がわかない。数値的に達成できたとして本当にうれしいのだろうか?まあ、目標として掲げておくことは良いことだ。それが達成できなくても、その方向に進むことができる。


講義。人数が12人程度と少ないのもあって、今日は自由な感じの対話形式。各自読んできた短いレポートに関してのテーマについて話しあう。ホントに自由な雰囲気で、コーヒー飲んでる人・足を前の椅子に乗せてる人・パソコンを持参してる人・編み物しながら聞いてる人(!)など日本とは雰囲気が違う。先生も机に座りながら、話してるし。


3回くらい発言した。自分が発言する時は、英語に自信がないと無理だ。なぜかというと、発言する時にクラスの半数ほどの人が発言者を見るからだ。自信がないと、(自分、いま変なこと言ってるかな・・・)とか不安になって声がどんどん小さくなってしまう。もっと英語を勉強しなきゃ。

発言する時は、「以前はこう思っていた→しかし、こう違っていて驚いた→こうなんだなと気付いたor新たにこういう疑問や関心が沸いた」という流れでしゃべると、スッキリと伝わりやすいということに気がついた。

講義が終わった後は、すごく自然に、
学生たちがゲストスピーカーの先生に「Thank you.」と言って、拍手。
なんかいい関係だなー。

***

夕方からは日本人の友人が主催の寿司パーティー。みんな寿司は初めてといって喜んでいた。俺は両親が送ってくれた「揚一番」(←お菓子)と「はし」を持っていった(笑)

15人くらい来ていて、半数くらいが寿司初体験のようだ。みんなおいしそうに食べている。揚一番もなかなか好評。「これフィンランドで買えないの?」と聞かれたほどだ(笑)それと日本から買ってきた「ハシ5セット入り・100円」のハシをイタリア人に1膳あげたら、大喜びしていた。「ビューティフル!」みたいな感じで。20円のハシをあげて喜ばれる。ああ、なんてコストパフォーマンスが高いんだ(笑)


↓これめっちゃ楽しんでます^^

posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 07:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。