ブログ紹介
ご訪問ありがとうございます! このフィンランド教育留学ブログは2008年8月末〜2009年5月末のフィンランド留学の様子を記録したものです。その後、北海道大学を卒業して、東京のベンチャー企業にて3年間勤務。現在はカンボジア・プノンペンにて人材紹介企業を経営しております。 なにか質問・依頼・感想などがありましたら、keisuke.kon●gmail.comまでご連絡ください!(仕事を優先させているため、返信がかなり遅れることをご了承ください。)
初めての方へ -自己紹介-(1)
日記(196)
フィンランド留学-準備編-(6)
コンケイスケの考え(7)
フィンランド教育について(11)
コラム(55)
ショッピング(5)
ヨーロッパ5カ国旅行記(19)

2009年04月04日

20日。ノルウェー・オスロにて「ムンクの叫び」を見る。

ストックホルムからオスロへ夜行バス。途中で人が載ったり降りたり、明かりがついたり消えたりで、全然寝れず。料金は50ユーロくらいだったけど、夜行バスはさすがにきつかった。やっと朝6時ごろオスロに到着。まずは駅の椅子で休む。zzz
aSANY2291.JPG

まずは、次の目的地であるデンマークのコペンハーゲンへの交通手段をGETし、今晩の宿を探さなくてはいけない。もう夜行は無理だと判断し、オスロに一泊することに。ユースホステルも人がいるから、ぐっすり寝れなさそう、、、ということで高かったが、しぶしぶホテルを予約。一番安いホテルでも1万円くらいかかった。夜行で節約してきた意味ないじゃん(笑)ホテルで少し寝てから、観光開始。

中心街。わりとごちゃごちゃ。
aSANY2295.JPG

大聖堂は思いっきり工事中。
aSANY2298.JPG

王宮。これはキレイ。
aSANY2340.JPG

Karl Johan像、の上にいる、鳥。
aSANY2333.JPG

***

他にも住宅地の方も散歩してみたが、統一感のない感じがした。なんかそれぞれが目立とうとしている感じ、っていうのかな。

ちなみに、寿司屋がやたら多かった。10件くらい見た。たぶんサーモンがたくさん獲れるから、ノルウェー人が「寿司って、簡単じゃん!」って思ったんだろうなーと想像してみると、ちょっとおもしろい。

でも、路上に座って「お金ください」ってカップみたいなのを差し出してくる人たちもけっこういた。一区画に5人くらいいたと思う。しかも、座っているだけではなく、歩いて人に話しかけてもらっている人もいた。

人種もけっこう色々いたと思う。

なんとなくだけど、オーラ的に微妙だった。
自分に合わないだけかなー。

***

街の散策は終わりにして、国立美術館へ。オスロの国立美術館にはなんと!あの有名なムンクの『叫び』があるのだ。もちろん本物。ムンクはノルウェーで生まれ育ったらしい。他の絵画もめちゃキレイだった。「え、これ写真でしょ?あ、違う。絵だ!」というリアクションを何回もしてた。

そしてムンクの『叫び』を生で見た。まあ、絵自体は写真や映像で見たことがあるから、衝撃はなかったけど、「これが本物かー!」という感動は少しあったかも。なんだか嬉しくて、帰りにムンクの叫びポストカードを買った(笑)

その後、「オスロの芸術家たちが集まった伝統的なカフェ。ムンクやイプセン、イェーガーなどノルウェーを代表する芸術家たちは、昼夜ここに集まり熱い議論を交わしたといわれている。」と、地球の歩き方に書かれてあったGrand Cafeに行ってみる。
aSANY2347.JPG

壁には当時の様子の絵がある。
aSANY2344.JPG

そこで、サーモンのオープンサンドを食べた。
aSANY2343.JPG
↑これ12ユーロくらい(1500円程度)。高い!


それからはホテルに帰り、
3日ぶりにシャワーをあびて(笑)、爆睡zzz。

banner_03.gif
posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 17:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
題名にわざわざ学力世界一ってくだり必要ですか?
俺は頭良いんだって言いたいんですね〜今フィンランドは世界一じゃないですよ。普通にバカもいてますし…いるんですよねーあなたみたいな北欧信仰者が。
Posted by さはら at 2017年11月04日 23:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。