ブログ紹介
ご訪問ありがとうございます! このフィンランド教育留学ブログは2008年8月末〜2009年5月末のフィンランド留学の様子を記録したものです。その後、北海道大学を卒業して、東京のベンチャー企業にて3年間勤務。現在はカンボジア・プノンペンにて人材紹介企業を経営しております。 なにか質問・依頼・感想などがありましたら、keisuke.kon●gmail.comまでご連絡ください!(仕事を優先させているため、返信がかなり遅れることをご了承ください。)
初めての方へ -自己紹介-(1)
日記(196)
フィンランド留学-準備編-(6)
コンケイスケの考え(7)
フィンランド教育について(11)
コラム(55)
ショッピング(5)
ヨーロッパ5カ国旅行記(19)

2009年05月03日

フィンランドは自殺大国ではありません。

日本人の方が書いているブログを見ていて、「フィンランドの自殺率が増えている」と書いていてびっくりしました。それは全く間違いで、フィンランドは1992年から2007年の15年間で約40%もの自殺率を下げています。現在の自殺率は他国に比べ、そこまで高くはありません。


2007年のニュースですが、引用しておきます。


【AFP】かつて自殺大国として名をはせたフィンランドが、過去15年間で約40%の自殺率低下を果たし汚名返上することとなった。

 現在のフィンランドの自殺者数は10万人につき18人で、1990年の30人から大幅に減少し、フランスやオーストリアと同水準となった。

 自殺率が改善した主因として、うつ病治療の改善が挙げられているが、ここまで大幅に減少した理由は、国立公衆衛生研究所(National Public Health Institute)の専門家も説明できないという。

 フィンランドの自殺率は、同国が好景気に沸いた1965年から1990年の間で3倍に膨れ上がった。翌1991年には10代の自殺率が世界ワースト1となり、全体としても、ニュージーランドやアイスランドと並び最悪の水準となっていた。 

 ただし、若い男性の自殺率は依然として高く、自殺は20歳から34歳の男性における死亡原因の最上位を占めている。

 研究者らは、うつ病や疎外感、および私的問題や失業など従来のリスク要因とは別に、アルコール依存症が最大要因だと指摘する。典型的な自殺者像は、40代無職の男性でアルコール依存症、健康状態も悪く、また離婚経験者だという。一方、一般的に考えられている日照不足は自殺との関連性がないとしてこれを退けた。

 一方で、同じ緯度に位置するノルウェーの自殺率は、長期間フィンランドの半分にとどまっている。(c)AFP/Gael Branchereau


banner_03.gif
posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 05:39| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。