ブログ紹介
ご訪問ありがとうございます! このフィンランド教育留学ブログは2008年8月末〜2009年5月末のフィンランド留学の様子を記録したものです。その後、北海道大学を卒業して、東京のベンチャー企業にて3年間勤務。現在はカンボジア・プノンペンにて人材紹介企業を経営しております。 なにか質問・依頼・感想などがありましたら、keisuke.kon●gmail.comまでご連絡ください!(仕事を優先させているため、返信がかなり遅れることをご了承ください。)
初めての方へ -自己紹介-(1)
日記(196)
フィンランド留学-準備編-(6)
コンケイスケの考え(7)
フィンランド教育について(11)
コラム(55)
ショッピング(5)
ヨーロッパ5カ国旅行記(19)

2009年09月19日

Firefox利用率世界一はフィンランド

posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 01:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

講演会は大成功!

7月21日の講演会「フィンランドの学校と日本の学校 −何が違うのか−」はおかげさまで大成功でした!立ち見の方も10名ほど出てしまうくらいの盛況ぶりでした。


■講演の部
a016.JPG
僕の講演では「フィンランドから学ぶべきは、教育の方法論ではなく、国家全体の方針を元にした目的ある教育を作ることだ。世界にはこんなに社会全体がうまくオーガナイズされている国もあるんだ、ということ自体が日本にとってのヒントであり、可能性だ。」というような主張を留学体験を通してお話させていただきました。


■比較調査報告の部
両国それぞれ小中高合わせて100名以上にアンケート調査をした結果と、両国で小中高生に1時間程度のインタビューをした結果を報告しました。

*アンケート結果の一例*

・日本よりもフィンランドの方が、「勉強を面白いと思う」と答えた生徒数が35%多かった。
・「自分の国は全体的にうまくいっていると思う」と答えた生徒の割合は、日本が28%でフィンランドは84%。
・「自分自身に満足している」と答えた生徒の割合は、日本が25%で、フィンランドが86%。
・「安心して大人になれる」と答えた生徒の割合は、日本が30%で、フィンランドが91%。


など、違いの傾向を見るには十分な良い結果が得られました。


■パネルディスカッション
a021.JPG
園長先生や高校の先生、研究生の方の感想や意見を聞くことができました。もう少し時間があれば、質問も受けながら意見交換できたと思いました。そこが少々残念でしたが、感想と意見を聞けたことは良かったです。

***

講演会に来てくださった方々、ありがとうございました。北方圏センターの方々、北海道フィンランド協会の方々、パネルディスカッションでありがとうございました。

また、川崎先生、高橋絵里香さん、東海大のゼミ生の皆さん、半年間の調査おつかれさまでした。一緒にこのプロジェクトを進めることができて、大変光栄に思っています。

頂いた感想は
「素晴らしい、の一言です」
「感動した!」
「たいしたもんだ」
「若者がこれだけできるなら、きっと良くなる」
「これからにも期待しています」
という感じで、嬉しい限りでした。


半年間のプロジェクトでしたが、
苦労あり感動ありの良い経験でした。

フィンランドに留学して、気になったことを質問項目にして、
それがインタビューやアンケートの結果として出てくる。
その結果を見て、また考えたり気づいたり、議論したり。
そのプロセスが刺激的でした。

特にフィンランド側で一緒に活動していた「青い光が見えたから 16歳のフィンランド留学記」の著者である高橋絵里香さんと発見の喜びを共有したり、フィンランドや日本についての意見交換や議論を5時間も6時間もした日々によって、自分個人の価値観レベルで成長することができたと思っています。

プロジェクトに関わっていた皆様、おつかれさまでした!
そして、ありがとうございました!!


今 啓亮
posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 03:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

フィンランドにあるもの・ないもの

これからフィンランドに留学する方々の役に立つ情報を、
思いついたときにこのブログに書いていく方針にしました。

第一弾は、フィンランドにある食品・ない食品です。
(オウル限定です。ヘルシンキに行けばもっとあると思います。)

***

■フィンランドに売っていないもの
大根 ほうれん草 豆腐 納豆 あぶら揚げ もやし ポン酢 キムチ キムチの素 中華系の調味料 ほんだし かつおぶし みりん 味噌 梅干 うどん そうめん そば


■フィンランドに売ってるもの
しょうゆ キャベツ にんじん いも 米 りんご オレンジ みかん にんにく マッシュルーム しいたけ 長ネギ 玉ねぎ ぶどう スイカ メロン パプリカ 


食品については、そんなに困ることはないと思いますよー。
僕はパスタやスープで生きていけました(笑)
posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 03:49| Comment(0) | フィンランド留学-準備編- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

7月21日「フィンランドの学校と日本の学校」研究報告会のお知らせ

2009年7月21日に『フィンランドの学校と日本の学校 -何が違うのか-』という研究報告会で発表させてもらうことになりました。

場所は札幌のかでる2・7(会議室510)で、
時間は18:00-20:00です。

プログラムとしては、
@フィンランド留学・最新報告
A日本・フィンランドの学校比較調査の報告
Bパネルディスカッション
となっています。

@の留学報告会では、僕が20分程度オウル大学への留学について話します。
さらになんと青い光が見えたから 16歳のフィンランド留学記の著者であり、オウル大学の学生である高橋絵里香さんも札幌にいらっしゃり、同じく20分程度の発表をしてくださります。

Aの日本・フィンランドの比較調査報告では、僕らが日本とフィンランドの小中高の生徒さんたちにインタビュー&アンケート調査をした結果を報告します。

Bのパネルディスカッションでは、僕と高橋絵里香さんを含め、北海道で現役高校教師をされている方、幼稚園の園長先生などと1時間程度ディスカッションする予定です。


また、
主催:北方圏センター
後援:北海道フィンランド協会 北方生活研究所 東海大学
となっており、料金は無料です。

興味がある方は、ぜひいらしてください!

チラシはコチラです。
フィンランド日本研究報告会チラシ.pdf
posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 23:26| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

留学のまとめ。

帰国後、長く更新していませんでした。更新を待ってくださっていた方は長くお待たせしてすみませんでした。

更新していなかった理由は、お休み&yosakoiソーラン祭り&親しい人たちとの語り&卒論&就職活動などなどです。まあ、要はエンジョイしていたからブログを書いていなかった、ってことです(笑)

久しぶりの日本はやはり楽しいです。日本の食べ物は圧倒的においしいし、日本語を話せる友達がたくさんいるのも楽しいです(笑)本を読むのも楽しくて、もうすでに30冊は買いました。

***

それに加えて、ブログを更新していなかった理由はもう一つあります。
留学のまとめを書こうと思っても、実は全然まとめきれないのです。何年後かに「あ、これって留学してなかったら有り得なかったな。」なんてことがあるのでしょう。

なので、書ききれないですが、現時点で思いつく限り留学してよかったことと変化したことを書きたいと思います。

***

■行ってみなくてはわからない。
フィンランドに行く前にもフィンランドについての本はたくさん読んでいた。「これとこれを知りたい。」という風に考えていた。でも、行ってみてわかることは事前に想定していた「これとこれ」以外にもたくさんあった。事前に考えもできないような気付きがたくさんあった。実際に行ってみなくてはわからないことは多い。これからどこかの企業に就職すると思うけど、事前にいくら調べても実際に入ってみないと本当のことはわからないのだろう。留学で「体験」の重要性を知った。


■日本から離れること
フィンランドに留学するということは、日本から離れるということでもあった。いつもの仲いい人たちと離れることはけっこうつらかった。日本で出来てきた人間関係は改めて大切だと思った。自分の周りの人間関係を客観的にみることができた。


■「やり始める」と「やり切る」
自分がやりたいと思ったら、やり始めることはカンタン。けど、やり切ることはけっこう大変。ブログも始めるのはカンタン。でも書ききることはけっこう大変。でも今回やり切れたのは、身近な人のためにやったから。ブログを始めたキッカケは両親への現状報告のため。更新しなかったら親が心配する、と思っていたから最後まで書くことができた。結局、両親以外のたくさんの人たちに見てもらえるようになって、めちゃくちゃ嬉しかった。


■旅行と留学の違い
旅行することと留学することの大きな違い。それは「住む」ことだと思う。旅行しても結局その土地は非日常のまま。でも留学するとその土地は日常になる。外国が日常になる感覚は、僕にとって非常に新鮮だった。地球上の違う場所で普通の日常を過ごしている人たちがいる、ということを肌で感じられた。それによって「生きる世界=日本」だけではなくなった。


■常識・普通・当たり前
日本での常識や普通という感覚や当たり前なこと、というのはフィンランドでは非常識だし普通じゃないし当たり前じゃない。それを経験できたことで「常識・普通・当たり前」を客観視することができるようになった。留学することで、無意識のうちに常識に流されることはかなり減ると思う。


■自分。
世界には考え方も色々ある。常識も普通も当たり前も色々ある。文化も色々ある。その中でどれを選ぶかは自分次第。すべては自分自身。


■増えた?
「いろんなことが身について、色んなことを知って、ストックが増えた。」と言っていた留学生もいたけど、僕は逆だった。ストックが減った。いままで身につけていた考え方や、誰かに教わったこと、本で読んだこと、それらがフィンランドで減った。普通の感覚がまったく違う土地で、真っ暗なフィンランドの冬に一人で考えて、たどり着いたのは自分自身だった。いままで身につけてきた他人の考え方は他人のものだった。

留学前はスゴイ人と会ったら、「すごい!この人みたいになりたい!」って感じだったけど、これからは「参考にしよう!」って感じだ。いいと思った部分を参考にして取り入れていけばいい。


■理想の社会像
フィンランドに留学することを決めた理由の一つに「理想の社会像を見つけたい。理想の教育を見つけたい。」というものがあった。で、それは留学してみてどうだったか。僕の理想の社会と理想の教育はフィンランドそのものだった。知れば知るほど留学前の想像を超えていた。

でも、その理想像に近づけるために日本社会を変えよう!と考えると、それはまた違う気もしてきた。なんだかんだいっても日本人はハッピーに生きている。別にそんなそんな悪くない。(まあ、この延長上にもっとハッピーな未来があるかというと、よくわからないけど。)

すべてのことにはいい面と悪い面がある。つまり「変えた」先にもいい面と悪い面がある。それならめっちゃツライ思いをして自分の描く理想の社会に変えることは意味があるのだろうか。社会を変える時は絶対批判や否定されるし、逆に迷惑がかかる人もいるだろう。じゃあ、どうすればいいのか。

結局、残るのは自分だった。自分の欲求の一つに「社会を変えたい。社会を良くしたい。」というものがあるだけ。社会を変えることが自分自身の喜びになる場合、その意味がある。あまり伝わらないかもしれないけど、主語が自分になった、って感じかな。


■フィンランドを知った
フィンランドの生活を体験できた。大学生の生活も体験したし、一般家庭の生活も体験できた。それに調査を通してフィンランドの学生がどんなことを考えているかを知ることができた。フィンランド人の方と話すたびに毎回気付きがあった。


***


■英語
行く前は全然話せなかったが、3ヶ月くらいで英語に慣れて、コミュニケーションできるようになった。結局、英会話は慣れと勉強だ。

■友達
facebook(mixiのようなサイト)での僕の友達登録数は70人。会って話した人しか登録していないから、なかなかのものだろう。

■ブログ
ずっと書いてきた子のブログも、おかげさまで留学中に5つのブログランキングの留学部門で1位になることができた。また「フィンランド留学ブログ」とgoogleで検索したら1番目にでてくる。「フィンランド留学」でも3番目以内。「フィンランドブログ」でも3番目以内。なかなかのブログに成長したのではないだろうか。手前味噌ではあるが、たぶん現時点でフィンランド留学に関して一番多くの情報がある日本語のWEBサイトになったと思う。これがあとあと、誰かの役に立てば嬉しい限りだ。
ブログを通じて様々な方々と交流できたことも、とても楽しかった。意見を書いてくださったり、応援メッセージやアドバイスをくださったり、ほめてくださったり、数々のコメントがパワーになったり学びになりました。コメントをくださった皆さん、本当にありがとうございました。


***

ブログを読んでくださっていた皆様に感謝しています。
オウルでお世話になった方々に感謝しています。
遠距離でも変わらず付き合ってくれた彼女に感謝しています。
帰国後に変わらず迎えてくれた友達に感謝しています。
交換留学させてくださった北大留学生センターの皆様に感謝しています。
支援してくださった北海道大学クラーク記念財団の皆様に感謝しています。

そして何より、
お金もかかり卒業も1年遅れるにも関わらず、
僕の留学を許可し応援してくれた両親に感謝しています。

本当にありがとうございました。


フィンランドでの9ヶ月間、
めっちゃめちゃ楽しかったです!!!!

                今 啓亮
posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 00:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。