ブログ紹介
ご訪問ありがとうございます! このフィンランド教育留学ブログは2008年8月末〜2009年5月末のフィンランド留学の様子を記録したものです。その後、北海道大学を卒業して、東京のベンチャー企業にて3年間勤務。現在はカンボジア・プノンペンにて人材紹介企業を経営しております。 なにか質問・依頼・感想などがありましたら、keisuke.kon●gmail.comまでご連絡ください!(仕事を優先させているため、返信がかなり遅れることをご了承ください。)
初めての方へ -自己紹介-(1)
日記(196)
フィンランド留学-準備編-(6)
コンケイスケの考え(7)
フィンランド教育について(11)
コラム(55)
ショッピング(5)
ヨーロッパ5カ国旅行記(19)

2009年05月23日

帰国スケジュール

もう日曜と月曜でフィンランド生活が終わりです。
それからの帰国のスケジュールは以下の通りです。

■5月26日(火曜日) 
08:30 オウルからヘルシンキ
12:15 ヘルシンキからパリ
18:00 パリから名古屋

■5月27日
12:50 名古屋に到着
14:30 名古屋から北海道へ
16:30 新千歳空港に到着

これらはすべて飛行機での移動です。つまり2日間で合計18時間くらいの空の旅を満喫しなくてはならないわけです(笑) 豚インフルエンザ騒動に巻き込まれないことを祈るばかりです。

***

aSANY2104.JPG
こんなフィンランド・オウルの湖と空を楽しめるのも、あと少しかー。

大体の荷物はキャリーバックに詰め込み終わりました。
もうほんとに帰るだけです。あー、実感沸かない(笑)

それにしても、帰るのが楽しみです!
帰りたくない、という人も多いですが、
僕はめちゃめちゃ帰りたいです(笑)

ネガティブな意味ではなく、
ポジティブな意味で。

日本に帰ったら、たくさんの仲いい人たちに会えるし、おいしい日本食もあるし、日本の9ヶ月間の変化をみるのも楽しみだし、逆カルチャーショックも受けてみたい!^^ 帰った後の半年間くらいはある意味で「日本留学」だと思っているので、非常に楽しみです。

おかげさまでランキングもめちゃ上がってきました!
次項有 banner_03.gif
次項有 人気ブログランキングへ
あと30クリックくらいあれば1位になれそうです!
ご協力ありがとうございます!
posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 23:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィンランドで寿司を作ろう!

お世話になったホームステイプログラムのクーミファミリーへのお礼としてお寿司を作ることにしました。

フィンランドでそろえた寿司セット。
aSANY2131.JPG
これらはオウルで買えました。海苔が6枚で500円くらい、などちょっと高いですが、買えるといえば買えます。これにプラスして日本から送ってもらった「すしのこ」という粉末の酢と、チューブの「わさび」を持っていきました。

***

今回は、大盤振る舞いということで、ちらし寿司&巻き寿司&にぎり寿司に挑戦します。ちなみに寿司を作るのは、初めてでした(笑)


まずはご飯をナベで普通に炊きました。まあ、何回もお米を洗いまくっていたら、その家族はびっくりしていたけど。あと、そのお母様がご飯を炊いている途中で「混ぜなきゃ、下の方が焦げちゃうでしょ!」といって、フタを開けた時は僕がびっくりでした。

そして、生のサーモンを切りまくります。
aSANY2135.JPG

それとサーモンだけでは寂しいので、だし巻きタマゴを作ってみることにしました。

↓さあ、出来たものの写真です!
 ***

ちらし寿司。なかなかいいでしょ。
asekalaista toukokuu 010.JPG

巻き寿司。サーモンだけですが。
asekalaista toukokuu 009.JPG

にぎり寿司。俺、意外とうまいかも(笑)
asekalaista toukokuu 008.JPG

たまご。これだけしょぼい(笑)
asekalaista toukokuu 007.JPG


並べてみると、こんな感じ。
aSANY2140.JPG
なかなかいい!


初めてにしては、よかったのではないでしょうか。
はい、そうです。がんばりました!^^

   ↓留学生活もあとほんとに少し!
   ↓3日間のうちにあと40クリックあれば1位になれます!

次項有 banner_03.gif
次項有 人気ブログランキングへ
   ぜひ1クリックを★

posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 04:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豚インフルエンザが流行ってますね。

日本ではかなり豚インフルエンザで大騒ぎみたいですね。フィンランドはあまり騒がれていないですね(笑)でも、帰るときにはしっかり気をつけたいと思います。


日本の厚生労働省が出している豚インフル対策の動画。

「私たちにもできる新型インフルエンザの身近な予防策」
http://www.youtube.com/watch?v=f4citqUnYOk

↓こんな本もあるんですね。
新型インフルエンザ上陸その時どうする?生き残りハンドブック
損保ジャパンリスクマネジメント
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 779


N95マスク(折りたたみ式) 1870
スリーエム ヘルスケア株式会社
売り上げランキング: 17


次項有 人気ブログランキングへ
posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 02:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

工学部専用のパーティーハウス。

         *今日、感動したこと*

それは、オウル大学の工学部の学生専用のパーティーハウスがあったこと。いままで全然知らなかったけど、中に入れてもらうことができた。そんなわけで写真たくさんでレポートしたいと思います。

***

大学から徒歩10分くらいの湖のほとりに、一軒家がたっている。

こんな建物。
aSANY2080.JPG

ちなみに、そこにある看板をよく見ると、
aSANY2081.JPG
工学部の帽子をかぶった学生が酔っ払って、這いつくばっている様子(笑)これもわざわざ作ったのだろうな。ここまでやるかー。気合入りすぎてウケる。

その建物の別アングル。
aSANY2101.JPG

さらに別アングル。
aSANY2082.JPG
なかなかおもしろい建物でしょ?


目の前には、小さな小屋も。
aSANY2083.JPG

***

中に入ると、
aSANY2084.JPG
こんな感じでスクリーンと椅子とテーブル。こんだけあれば、ちょっとした勉強会なんかもできそう。こんなのあれば、どんなイベントでも出来ちゃうな!いいなー!

スクリーン側から取った写真。
aSANY2090.JPG
二階建てで、上にも場所がある。
ワクワクするような構造!イケてる。

上の階にも椅子とテーブル。
aSANY2093.JPG
こんなところで友達と話したら、絶対楽しい!!



・・・で、こんなすごい設備の建物をどうやって運営しているのだろうか?学生専用の建物なわけだし、別にお金を取っているわけでもない。

どうやっているのか聞いてみると、「賃貸じゃないから、毎月のコストがかかっていない。」とのこと。つまり、え、これを買ってしまったってこと?一軒家のこんな建物、絶対に値段高いでしょ!どうやって建てたのかを聞いてみると、なんと、、、。


aSANY2087.JPG
↑これは企業の名前のリスト。これらの企業がスポンサーして建てたんだって!それにプラスして、毎月の維持費は学生たちからほんのちょっとづつ集めているらしい。あー、すごい。企業がこれをスポンサーしちゃうのか!いいなー!めっちゃいいなー!こんな建物が日本の大学にもあればいいのに!


こんな場所があることで学生主催のイベントやパーティーを開きやすくなる。それができたら絶対楽しいだろうな。あー、うらやましい。日本の学生もなにかするなら、これくらいやっちゃいたいものですね!憧れます!

    ↓留学もあと3日間!
    ↓今回だけでいいので応援クリックしてください!

次項有 banner_03.gif
    ↑どうしても1位になりたいのです!


posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

あと4日間!

ひゃー、もうあと4日間になってるー!
時間が経つのは早い早い。
日本に帰りたいとか、帰りたくないとか、
そんなレベルじゃなく、実際に「帰る日」が来るんだなー。
aSANY2042.JPG


ここ2日間くらいは仲良くしてもらっていた方々に会いまくっています。そして、いまから語学交換をしていた友達とピザを食べに行ってきまーす!
aSANY2044.JPG

次項有 banner_03.gif
次項有 人気ブログランキングへ


posted by こんけいすけ(フィンランド・教育学部・留学生) at 17:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。